スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・10030系の屋根上機器

11644F・446F・447Fの大型通風器の写真が撮れたのでコレだけ上げます。

DSCF1920.jpg
従来の通風器

DSCF1921.jpg
3本だけの大型通風器

(色が飛んでしまっていますが…)
スポンサーサイト

10030系の屋根上機器

8000系の廃車が進み、両数としては東武最大のグループとなった10000系。


DSC_0058.jpg



今回はその中でも大多数のためあまり注目を浴びない(?)10030系の外観上の違いについてです。



製造年としては・・・。


【1987年】
11431F
11432F
11480F

【1988年】
11631~11633F
11433F・11434F

【1989年】
11031F・11032F
11634F
11435~11438F
(モハ15003~15006+サハ16003~16006)

【1990年】
11635~11639F
11439~11443F

【1991年】
11640~11644F
11444~11448F


と、なっています。



1990年度製造車からはクハ11*30にラジオ受信アンテナの設置が始まりました。
DSCF0777.jpg
1989年までの製造車(クハ11634、ラジオアンテナ無し)

DSCF0776.jpg
1990年からの製造車(クハ11443、ラジオアンテナあり)



1992年にアルナ工機で製造された11644F、11446F、11447Fはモハの屋根上の通風器が大型の物になっています。
11644
11644F(大型通風器)

S0320746.jpg
11446F(大型通風器)


S0360756.jpg
11444F(小型通風器)
(部品の拡大写真が無いのでこれで・・・)



ドアや車内の違い、10050番台の仕様などについてはまた後日、書かせていただきます。

この記事を書いた地点ではこのような搭載状況となっていますが、整備などで交換される場合があります。

また、製造年をベースに仕様の違いを紹介していますので、納入次期や営業運転が始まったころと前後する場合があります。
プロフィール

しんまさ

Author:しんまさ
生まれも育ちも板橋区の東上線沿線。
小さい頃から東上線大好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。